未分類

適当に生きてきたフリーターが大学職員になるまで その2

就活から公務員試験に逃げた僕ですが、当然ながら試験には受からず、かといって就活もしていないので内定もない さすがに2年も就職浪人はできないと考え、仕方なく就職先が決まっていない、いわゆるフリーターの状態で社会にでることになりました。...
大学職員

適当に生きてきたフリーターが大学職員になるまで その1

大学卒業時、フリーターだった管理人がなぜフリーターになったのか?その根本的な原因である、逃げてばかりの人生についてぐだぐだ書いています。こんなやつでも大学職員になれるんだと、勇気を出してくれる人がいれば、こんなだめなやつでも役に立てると喜びます。
生活

【焦り】がフリーターから抜け出す原動力になる

焦りを感じているフリーター 「今フリーターだけどこのままじゃヤバい気がする。」焦りさえもっていれば、どんなときでも成長できるチャンスがあります。僕は大学職員になれて、満足している一方でまだ焦り続けています。万が一、解雇されたとしても生きていけるよう、これからもいろんなことに挑戦していきます。焦りこそが原動力です。
生活

【朗報】フリーターの末路は明るい!その理由とは?

フリーターの末路が明るい理由は、フリーターが不満や不安といった負の感情を抱えているからです。フリーターって要は就活に失敗しているわけです。フリーターの中には、自分のキャリアに満足していない人が多いですよね。不満や不安が、人生を変えるための努力をする原動力になるんです。
生活

危険!フリーターになってしまった原因は人生の目的がなかったから

僕の失敗の原因は、「人生の目的が無かったから。」マジでこの一言に尽きます。人生を船にたとえるなら、人生の目的とはイカリです。マラソンにたとえるなら 人生の目的とは ゴールです。人生の目的さえ、しっかりと決められていれば、なにが自分にとって必要なのか、逆になにが不要なのかの判断の軸をもつことができます。
大学職員

どんな人達なの?国立大学職員について現役職員が解説

国立大学で働いている職員がいるのはなんとなく知っているけど、詳しくはわからない。年収とか、なる方法とかよくわからないという人もいますよね。本記事で、国立大学職員についてざっくりと説明します。
大学職員

現役職員が選ぶ、大学職員に向いている人の特徴ランキング

「大学職員になりたいけど、どんな人が大学職員に向いているのかわからない」という人もいるのではないでしょうか。大学職員を目指そうと思っても、働いている人のリアルな声を聞く機会ってなかなかありません。大学職員に向いている人の特徴をランキング形式にしました。実際に大学で働いている僕のリアルな意見です。参考になれば嬉しいです。
大学職員

大学職員のメリットとデメリット【元フリーター現役大学職員が解説します】

元フリーターで民間就職経験もある管理人が、大学職員のメリットとデメリットを実体験から詳しく解説します。大学職員という仕事が気になっていて、実際に働いている人の意見を聞きたいといった悩みに答えます。
大学職員

国立大学職員に就職するために必要な資格とは?

「大学職員になるためには、どんな資格をとっておけばいいですか?」大学職員をやっているというと、友人やTwitter上でこんなことをきかれることがあります。大学職員になるために必要な資格やスキルについて、大学をとりまく環境から、現役大学職員が開設します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました