フリーターで将来が不安なら今すぐ、行動しよう【具体的に解説】

仕事
スポンサーリンク

フリーターで将来が不安な人
「フリーターやっているけど将来が不安…。今はなんとか生活できているけど、この先ずっとフリーターから抜け出せないのかな?フリーターのままだと結婚できそうにないし…。正社員になるためには、なにか行動しなきゃいけない気がするけど、具体的にどうすればいいですか?」

こういった疑問に答えます。

この記事の内容

・フリーターからでも正社員になれます。【意外にカンタン】
・人生のゴールを考えることから始めよう
・具体的にやるべきことは4つだけ
「時間の把握→ムダな時間を減らす→勉強する→勉強したことをいかして転職する」

スポンサーリンク

フリーターで将来が不安だった僕がやったこと

この記事を書いている僕のキャリアは、「フリーター→派遣社員→中小企業正社員→大学職員」みたいな感じです。
フリーターや派遣社員をやっているときは、なんとか生活できているけど将来のことを考えると、いつも不安を感じていました。

当時は結婚も考えられないし、フリーターしていることが恥ずかしくて友達にも会いたくないしと、暗い気持ちになることも多く、めっちゃしんどかったですね。

こんなキャリアの僕ですが、今では大学職員へ転職し、安定した生活を手に入れることが出来ました。
昔を振り返ってみて思うことは、「行動すれば、正社員になるのは意外にカンタンだった」という結論です。

大学職員という仕事がどんなものなのか気になる人は、「大学職員のメリット・デメリット」をお読みください。

今回は、フリーターをしていて将来が不安だった、友人に会うのもしんどかった「過去の自分」に向けてメッセージを書いていきます。

※同じように今、フリーターをしている人で将来が不安な人がいれば、参考になるとうれしいです。

人生のゴールを考えよう

急に「人生」の話ってテーマでかすぎるだろって思われますよねw
でも、なにごとも「終わり」から考えるのはとても大事なことです!
「終わり」がイメージできれば、それを目標に行動することが出来ます。

20代でフリーターをしていると、なんとか生活できてしまいます。

「なんとなく毎日生活できているし、行動するのは面倒だからこのままでいいや」

そう思うと行動する気になれないんですよね…。
ですが、少しでも将来に不安を感じているなら、1分でも、30秒でもいいです。
自分の人生のゴールについて考えてみましょう。

自分の葬式でどんな言葉をかけられたいですか?

自己啓発の名著『7つの習慣』ではゴールを思い描くために、自分の葬式を想像してみるという方法を紹介しています。

少し想像してみてください

ご自分のお葬式で、家族、友人、先輩、後輩といった縁があった人たちから、どのような言葉をかけられたいですか?

人生の最後を迎えたときに周囲にどんな言葉をかけられたいか、自分はどんなことを感じていたいか、

そんなふうに考えると、自分が人生で何を大切にしたいのかが見えてくる気がします。

フリーターのままでもゴールを達成できるなら、行動する必要はないかもしれません。
しかし、今のままでは、ゴールにたどり着かないなら、少しずつ行動していきましょう。

具体的にどうすればいい?

ではここから具体的にどう行動すればよいか、順を追って説明します。

①1日の時間の使い方を変える【まずは把握】

行動するには時間が必要です。
時間が無いと感じる人は、まず自分がどんなことに時間をつかっているのかを把握しましょう。

1時間毎にアラームをセットして、自分がなにをしていたかを記録するなどがオススメです。
ここにはあまり時間をかけてもしょうがないので、2日くらい記録すれば十分です。
最長でも1週間くらいでいいでしょう。

②「緊急性が低いが、重要性が高いこと」に時間を使う

自分の時間の使い方が把握できたら、「緊急性が低いが、重要性が高いこと」にあてる時間を増やしましょう。
これは『7つの習慣』で紹介されている「時間管理のマトリックス」で「第2領域」と呼ばれています。

第2領域は、緊急性が無いので後回しにしてしまいがちですが、将来への投資など、人生のゴール達成にとても大事な領域です。

気になった方は『7つの習慣』を読んでみてください。
世界的にベストセラーになっている名著です。
人生を変えるためのヒントが詰まっています。

漫画版もあります。
ストーリー仕立てになっていて、『7つの習慣』のエッセンスが凝縮されています。
ストーリーがある方が記憶に残りやすいので、最初は漫画版から読んでみることをオススメします。

③勉強しよう【プログラミングと英語学習がオススメ】

時間の把握が出来たら、ムダな時間をなるべく減らして、勉強する時間を確保しましょう。

何を勉強すればいいかわからないという方にオススメなのは、プログラミングと英語です。
どちらも今の時代に必要とされていて、応用が効きます。

プログラミングがオススメの理由

今は、プログラマーなどのエンジニアが不足しているので、未経験からでも就職することが出来ます。
プログラミングを勉強するには、プログラミングスクールに通うことをオススメします。

就職活動までサポートしてくるスクールもあるので、スキルアップに加えて正社員になれるチャンスですので、一石二鳥です。

英語学習がオススメの理由

英語は様々な業界で必要とされています。
私のいる大学法人でも英語力のある人は重宝されますので、大学職員になりたいという人にもオススメです。

TOEICで高得点をとれていると転職活動の際に有利になります。
実際に僕が6ヶ月で独学で850点を獲得した方法を紹介しますので、興味がある方は参考にしてください。

大学職員に興味がある方は、教養試験の勉強が必要です。
大学職員になりたい人はこちらの記事を読んでみてください。

④勉強したことを活用して転職活動をしよう

勉強することは決まりましたか?

決まったら、勉強を進めながら転職活動をしましょう。
ハローワークや転職サイトに登録すると意外にカンタンに就職できますよ。

面倒でも小さな一歩で人生が変わる

いかがでしたか?

今日から行動しよう!と、そう思えた人は頑張ってください。
応援しています。
なにか結果が出たらコメント欄に書き込んでいただけると嬉しいです。


でも、正直めんどくさいと思う人もいますよね。
何かを変えるってすごく面倒なことです。
ボクだってめんどくさかったです。
でも、将来のことを考えると、早く行動しないと手遅れになると思ったんです。

もう一度、「人生のゴール」を思い出してみてください。

行動すれば人生が変わります。
やる前には難しいと思っていたことでも、あとから振り返ると意外と簡単だったと思えますよ。

こう書いても、実際に行動する人は100人に1人か2人です。
行動するかしないかで、このあとの人生大きく変わります。

僕は行動して、人生が大きく変わりました。

あなたも人生をもっと良くしたいなら、今日から行動しましょう。

まずは簡単なことから始めましょう。

プログラミングスクールに申し込んでみる、TOEICの公式問題集を買ってみる。

そんなカンタンな一歩があなたの人生を変えるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
仕事
masakichiをフォローする
フリーターから大学職員になったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました