フリーターで結婚できる?【結婚に必要な貯金額は200万以上】

生活
スポンサーリンク

正社員になりたいフリーター「結婚…。したいですっ!」

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

・【結論】フリーターのまま結婚を考えるのはムリ
・ 結婚に必要だと思う貯金額っていくら?
・ フリーターの貯金額はいくらなの?

この記事を書いている僕のキャリアは、「大学卒業→フリーター→派遣社員→中小企業正社員→大学職員」みたいな感じです。

「大学を出てまでフリーターなんて恥ずかしくて友達に会えない…。」
「フリーターじゃ結婚したり、子どもを育てたりなんてできるわけない…。」
「日本は一度つまづいたら二度と立ち直れないらしい…。この先僕はどうなるんだろう…。人生絶望しか無い…。」

フリーターをしていた当時はこんな風に考えていました。

そのように悩んでいた僕も、今では大学職員へ転職し、安定した生活を手に入れることが出来ました。

そんなフリーターから大学職員になった僕が考えた「フリーターは結婚できるのか?」という疑問に答えたいと思います。

スポンサーリンク

【結論】フリーターのまま結婚を考えるのはムリ

早速結論ですが、フリーターのままでは結婚を考えることはムリです。(特に男性)

なぜムリと言えるのか?

先日、こんなニュースがありました。

銀座ダイヤモンドシライシがおこなった20~39歳の男女250名(男女各125名)を対象にした調査結果についてです。

貯金がいくらあれば結婚できる? – 男女の意識に差

結婚を意識するタイミングは?男女に意識の差が

「結婚を意識するタイミング」について聞いたところ、男女ともに1位は「自分の年齢が適齢期になった」(男性36.0%、女性50.4%)という結果に。続く2位は、男性は「収入が安定した」(34.4%)、女性は「周りで結婚する人が増えた」(29.6%)」となり、3位は男女ともに「貯金が貯まった」(男性30.4%%、女性26.4%)だった。

貯金がいくらあれば結婚できる? – 男女の意識に差

特に男性は、結婚を意識する条件に収入の安定をあげる人が多く、結婚を意識するには、「お金」が大きく関わってくることがわかります。

結婚に必要だと思う貯金額っていくら?

「お金」に関してはさらに、「結婚に踏み切れる貯金額」と「現在の貯金額」についてもアンケート調査がされています。

そこで、「あなたはいくらの貯金が溜まったら、結婚に踏み切れますか?」と質問したところ、男性1位は「400万円~600万円未満」(21.6%)だったのに対し、女性の1位は「分からない・答えたくない」(40.0%)、2位は「200万円~400万円未満」(17.6%)となり、男女で2倍ほど差が出る結果に。貯金額と同様、男性の方が、より結婚にかかる費用を意識していることが伺える結果となった。

貯金がいくらあれば結婚できる? – 男女の意識に差

続いて、「貯金額」を教えてもらったところ、男性は「200万円~400万円」(20.8%)が最多だったのに対し、女性は「分からない・答えたくない」(32.0%)に続き「50万円未満」が17.6%と、結婚前の男女で貯金額に4倍以上の差があることが分かった。

貯金がいくらあれば結婚できる? – 男女の意識に差

さらに記事を詳しく見ると、結婚を意識するために、最低でも200万円は必要だと考える男性は50%以上になることが読み取れます。

特に男性は、収入が安定してまとまった金額の貯金ができないと、なかなか結婚を意識できないのが現実みたいですね。

フリーターの貯金額はいくらなの?


それでは、フリーターの貯金額についても確認しましょう。
少し前のデータですが、調査したものがあります。

フリーターの貯蓄額、いくら?

フリーターはどのくらいお金を貯めているのだろうか。15~34歳のフリーターに聞いたところ「50万円未満」(67.4%)という人が最も多いことが、求人情報サービス「an」の調査で分かった。次いで「50万~99万円」(9.5%)、「100万~149万」(8.0%)と続き、フリーターの7割近くは貯金額が50万円未満という結果に。
 年齢別にみると「50万円未満」とした割合は、20~24歳で72.3%、25~29歳は70.3%といずれも7割以上。30~34歳では「400万円以上」(11.0%)が1割以上いたが「50万円未満」は59.7%と、半数以上が50万円を切った。

フリーターの貯蓄額、いくら?

調査によると、7割近いフリーターが貯金額50万円以下と回答しています。
この貯金額じゃ、結婚を真剣に考えるのには厳しいですよね…。

まとめ

結婚を考えるために必要な貯金額とフリーターの貯金額にはかなり開きがあることがわかりました。
フリーターを続けていても、年収は上がらず、いつクビになるかもわかりません。

あなたが将来、結婚をしてみたいと考えているなら、すぐにでも正社員になるために行動を始めましょう。

こう書いても、実際に行動する人は100人に1人か2人です。
行動するかしないかで、このあとの人生大きく変わります。

僕は行動して、人生が大きく変わりました。

あなたも人生をもっと良くしたいなら、今日から行動しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
masakichiをフォローする
フリーターから大学職員になったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました