TOEIC用の英語アプリは「金のフレーズ2」が最強【元フリーターでも855点】

TOEIC
スポンサーリンク

TOEICで800点以上のスコア取得を目指している人
「TOEICの教材は高いし,種類が多すぎてどれを使えばいいのかわからない…。」
「使う教材が多いと,勉強法が複雑過ぎてよくわからない…。」
「1,000時間も勉強なんてしてられない…。そんなに何回も受験したくないし,さくっと高得点とりたい。」

こんな悩みに答えます。

この記事の内容

・元フリーターの僕が勉強期間3ヶ月で、初めて受験したTOEICで855点とった方法
・TOEIC用の英語アプリは「金のフレーズ2」一択

スポンサーリンク

元フリーターでも,勉強期間3ヶ月,初めて受験したTOEICで855点取得できためちゃくちゃシンプルな勉強法

日本で英語力を測るテストといえば,TOEICが人気ですよね。

「運転免許以外の資格を履歴書に書きたい。」
「会社でTOEICを受験するように言われている。」

このような理由でTOEICを受験する人も多いのではないでしょうか?
僕も,転職活動中の履歴書に書くために,TOEICを受験することにしたのですが,どうやって勉強すればいいか悩みました。

冒頭の悩みは,まさに僕自身が悩んだことでもあります。

このブログでは,TOEICの勉強方法に悩んでいる人におすすめの,シンプルで,かつ短期間でハイスコアを取得できる,コストパフォーマンス抜群の勉強法を紹介しています。

元フリーターでも,勉強期間3ヶ月,初めて受験したTOEICで855点取得できた勉強法です。使う教材は2種類だけですので,教材費の節約もできますよ。

この記事を書いている人

この記事を書いている僕のキャリアは、「大学卒業→フリーター→派遣社員→中小企業正社員→大学職員」みたいな感じです。

僕は元フリーターですが、3ヶ月の勉強期間でTOEIC855点を獲得しました。
その時のスコアシートがこれです。

元フリーターの僕でも、 3ヶ月で855点が取得できたシンプルな勉強法です。

さくっと800点以上取得して、時間とお金を節約したい方にはめちゃくちゃオススメです。

使う教材は2種類だけ

使う教材は「公式問題集」とTOEIC英語アプリの「金のフレーズ2」のみです。

他の教材は不要です。
教材だけでなく、海外ドラマを見る必要も、NHKの英語講座をとる必要もありません。
この2種類の教材をひたすら繰り返すことが、TOEICで高得点を取得する近道です。

本記事では,英語アプリの「金のフレーズ2」について解説します。
「公式問題集」を使った勉強法はこちらの記事をどうぞ。

英語アプリ「金のフレーズ2」をおすすめする理由

もともと、金のフレーズは書籍版が販売されていて、めちゃくちゃ売れています。
「質・内容・コスパ、これ以上のTOEIC単語集はない」と言われるほどの評判です。

Amazonカスタマーレビューの評判もかなりいいみたいです。

・文法やリスニングはなにも対策をせず、この単語帳だけを2ヶ月弱ひたすらやり、850点にまで点数が上がりました。
・毎日10ページずつ進めていると3ヶ月ほどで450点→700点まで上がりました。毎日続けることの大切さを身を持って実感できました。

Amazonカスタマーレビュー

書籍版とアプリ版で内容に違いはありません。

もちろん、書籍版も素晴らしいのですが、僕がアプリ版をオススメするのには理由があります。

理由1 安すぎる!値段設定ミス?

理由の1つ目は、シンプルに安いからです。
書籍版の金のフレーズは税込み961円で販売されています。
この値段でも、その価値は十分にあるので、めちゃくちゃ売れているんです。

一方の英語アプリの「金のフレーズ2」は税込み600円です。

ぶっちゃけ安すぎます…。

内容は、書籍版と一緒なのに、アプリ版には書籍にはない便利な機能が追加されています。
それにもかかわらず、書籍よりも安いなんて、金額設定を間違えたのかと疑うほどです。

理由2 書籍版にはない便利な機能

紙の本もいいのですが、両手が使えないと読みづらくないですか?
アプリ版なら片手でタップするだけで操作ができるので、片手しか使えない状況でも、どんどん単語を覚えられますよ。

さらに英語アプリの「金のフレーズ2」は、機能が豊富でとにかく使いやすいです。

単語ごとに、回答した回数と正解した回数をアプリが記録してくれています。
それだけじゃなく、自分が間違えやすい問題から出題するよう設定も可能なんです。

リスニング機能もめちゃくちゃ便利で、フレーズを確認しながら、英語のリスニングも同時にできるんです。
書籍版にもCDは付属していますが、書籍とCDが連動することはないので、CDに合わせてページをめくらなければいけない点が惜しいところです。

アプリ版なら、フレーズ確認→リスニングが簡単にできるので、学習効率がぜんぜん違いますよ!

紹介したとおり、英語アプリの「金のフレーズ2」には便利な機能が詰まっていて、自分好みにカスタマイズができます。
ここからは、具体的な勉強方法とオススメのカスタマイズについて紹介します。

「金のフレーズ2」を使った具体的な勉強方法

英語アプリの「金のフレーズ2」の使い方は、大きく分けて2種類です。
それは、じっくり型ながら型です。まずは、じっくり型で勉強して、その後はながら型でも復習ができます。

それぞれ解説していきます。

じっくり型

「じっくり型」という名前をつけたものの、ぶっちゃけ普通に勉強するだけです。
勉強を進めるうえで、注意する点やオススメの設定方法を解説します。

まずは600点レベルから

上の画像はアプリのホーム画面です。
こんな感じで、レベルごとに並んでいます。
まずは600点レベルから始めましょう。

990点レベルをやれば、990点がとれそうと思う人もいるかもしれませんが、実際には、600点レベルの方が本試験で出題されやすく、かつ、簡単な単語が多いので覚えやすいです。

勉強を始めたばかりの方は、990点レベルをやるよりも、600点レベルを勉強したほうが、スコアアップに直結しますので、順番どおりに進めるといいですよ。

Set1から順番に

600点レベルをタップすると、この画面に移ります。
最終的には全Setやることになるので、順番どおりSet1から始めます。

青や赤で色がついていますが、これは青が正解、赤が不正解をあらわしていて、ぱっと見てわかるように作られています。

ちなみに、特急のアイコンがついていたりいなかったりするのは、後から説明します。
先に少し説明しておくと、2つ目のアイコンは取る必要はありません。

まずは1、そのあと2、3はやらない

各Setには3つのステップに分かれています。

最初の1周目はステップ1の「フレーズを覚える」から勉強しましょう。
ステップ1はインプット式で、ステップ2が問題形式になっています。

ステップ3も問題形式なのですが、単語穴埋めになっていて、キーボードか手書き、音声入力のいずれかで回答するようになっています。
どれも本試験には必要ない力ですし、勉強効率が落ちるので、ステップ3をやる必要はありません。

ステップ2と3を全問正解すると、1つ前の画面で特急アイコンがもらえます。2つ目の特急アイコンをとる必要がないのは、ステップ3をやる必要がないからです。
僕も最初は、ステップ3まで全問正解を目指していましたが、効率が悪いのでやめました。

ステップ1「フレーズを覚える」の設定

問題:どちらでも可。
表示の部分で「すべてを表示」に設定するので、どちらでも変わりません。

表示:「すべてを表示」にします。
ステップ1では、全部表示でサクッと確認して、ステップ2に進みます。

音声:「速め」に設定します。
本試験よりも少し速めのスピードに慣れておくと、試験のときに聞き取りやすいです。

これで設定は完了なので、あとはサクサクと10語確認して、暗記できていなくてもステップ2に進みます。

人の記憶はアウトプットするときのほうが定着しやすいといわれていますので、2周目からは問題形式のステップ2をすすめていきます。

ステップ2「覚えたフレーズを確認する」の設定

問題:好みと対策したい本試験のパートによって使い分けます。
「フレーズからフレーズ訳」は英→日で考えるので、PART6、7の長文対策に向いています。
「フレーズ訳からフレーズ」は単語の空欄補充問題に近い形式なので、PART5の対策に向いています。

表示:まずは「英単語を隠す」がオススメです。
「英単語を隠す」は、単語の1文字目と単語以外のフレーズが表示されるので、簡単です。
「フレーズを隠す」は、日本語訳しか表示されないので、難易度があがります。

音声:「速め」に設定します。

絞り込み:「不正解または未解答」に設定します。
2回目から間違えた問題だけチャレンジできるようになるので、効率があがります。

順番:「苦手なフレーズから」に設定します。
正解率が低い問題から回答できるので、短時間でも効果の高い勉強ができます。

1秒だけ考える

ステップ2の回答をする際の注意点ですが、「考え込まないこと」です。
具体的には1秒考えてわからなければ、すぐに答えを見ます。
この段階で重要なのは、正解できることではなくて、高速で何周も繰り返すことです。
さくさくとすすめて、復習の回数を増やすことを意識しましょう。

結果を確認

全問回答がおわると、結果の確認画面になります。間違えた問題のiマークを押すと復習ができるので確認しましょう。

おぼえなおしたら「戻る」をタップして、もう一度ステップ2に取り組んで全問正解するまで繰り返します。
全問正解した状態でもう一度、回答しようとすると、また10語すべてに回答できるようになります。

問題をやる→間違えた問題だけ復習する→全問をもう一度やる

このサイクルで10語覚えられたら、次のセットに移ります。
あとはこれをすべてのセットで繰り返すだけです。

各レベルの総復習

各レベルの最後のSetの次に「すべて」という項目があります。
ここでは、そのレベルで出てきたすべてのフレーズをまとめて回答できるので、全Set覚えたあとは「すべて」でまとめて復習すると、効率が良いのでオススメです。

じっくり型の解説は以上です。

じっくり型と言いつつ、このアプリならスキマ時間にも片手でさくさく学習を進められます。
1分でも2分でもいいので、少し時間があいたら勉強するというのを繰り返すと、どんどん記憶に定着していきますよ。

ながら型

後日、加筆します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TOEIC
masakichiをフォローする
フリーターから大学職員になったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました