ランサーズで初心者が最初の1万円を稼ぐ方法【具体的に解説】

ランサーズで最初の1万円を稼ぐ方法フリーター
スポンサーリンク

ランサーズに登録したばかりの人「ランサーズを始めたばかりだけど、どうすればいいかわからない。とりあえず最初はタスク案件をやればOK?クラウドワークって悪い噂も聞くし、大丈夫かな?初心者でも稼げる方法があれば教えてください。」

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

・ランサーズに登録したばかりの初心者が、まずやるべきこと
・具体的な仕事の獲得方法と地雷クライアントの避け方
・登録から4日でシルバーランクになる方法

スポンサーリンク

登録後まずやるべきこと

さっそくですが、具体的に登録後にやるべきことを解説します。
この部分は受注するまでに最低限必要な作業になりますので、あまり時間をかけずにサクサク進めましょう。

既にレギュラーランクの人は読み飛ばしてOKです。

ステップ1 プロフィールを(適当に)全項目埋める

プロフィールは全項目埋めましょう。ぶっちゃけここは結構適当でOKです。

プロフィールを登録したあと、ユーザーレポートでどんな人が自分のプロフィールを見ているのか確認できるのですが、プロフィールを確認してくるクライアントさんの割合は50%くらいです。
プロフィールを見に来ていないけど、発注してくれるクライアントさんもいるので、それほど時間をかける必要はないかなと思います。

僕の自己紹介文は5分くらいで考えて書いて、こんな感じです。

自己紹介文例

自己紹介の他には、ビジネス経験、スキルセット、資格、ポートフォリオ、スキルを設定するところがあります。

僕の場合、ビジネス経験、ポートフォリオは未設定で、スキルセットは適当に「WordPress構築」、資格は「TOEIC855点」、スキルは「ライティング」と「英語翻訳」を年数・レベルともに適当に設定しておきました。

ちなみに写真は顔写真を登録するようランサーズが推奨していますが、ぶっちゃけ顔写真じゃなくても受注できるので、あんまり心配しなくてもいいかなと思います。

顔写真を出すことに抵抗ない方は、顔写真を登録したほうがいいかもしれません。

ステップ2 本人確認・機密保持確認等を完了させる

ひととおりプロフィールの設定が終わったら、本人確認と機密保持確認にうつります。

その前に氏名や個人情報の登録が必要です。

本人確認書類として提出できる書類は、下記のいずれかです。

運転免許証表面のみで可。住所変更している場合は裏面も
各種健康保険証表面のみで可。登録住所が裏面に記載の場合は、裏面も送る。
パスポート氏名・住所・生年月日が確認できるページを送る。
外国人登録証明書表面のみで可。住所等変更のため裏面に訂正事項がある場合は、裏面も送る。
住民基本台帳カード表面のみで可。 住所等変更のため裏面に訂正事項がある場合は、裏面も送る。
住所の記載のない証明書
(学生証や年金 証書・在留カードなど)
公共料金の利用明細書の添付も必要

本人確認書類が終わったら、機密保持確認とランサーズチェック、電話確認申請を行います。

こちらもサイトの説明どおりに進めればいいので、それほど問題ないでしょう。

すべての確認が完了すると、晴れてレギュラーランクとなることができます。

レギュラーランクからブロンズランクになる方法

ここからはブロンズランクになる方法を説明します。

ブロンズランクになる条件は、「プロジェクト方式の仕事受注1件以上」です。
受注すれば完了しなくてもブロンズランクになれるので、これからする説明にそって提案をしていれば、すぐにブロンズランクになれると思います。

仕事の受注方法

では、具体的な仕事の受注方法の説明にはいります。

まず、何点か注意点があるので、確認してください。

注意点1 タスク案件はやらない

ブロンズランクの条件が、 「プロジェクト方式の仕事受注1件以上」 ですので、タスク案件は対象外です。
また、タスク案件は作業の要素が強すぎて、受注してもスキルの向上につながりません。

案件を探すときは、プロジェクト方式から探しましょう。

注意点2 地雷クライアントの見分け方

プロジェクト方式で検索してみても、記事執筆時点(7月13日)で検索すると、418件の仕事・依頼が出てきます。

数が多すぎて案件が探しづらいのと、地雷クライアントも混ざっているので注意が必要です。

地雷クライアントに関わると稼げないうえにメンタルを消耗しますので十分に気をつけてください。地雷かどうか見分けるために、文字単価と発注率に注意しましょう。

例えば、プロジェクト方式の中には、下のような案件が混ざっています。

案件例

こういった、異常に安い単価の案件は受けないようにしてください。

文字単価0.02円となると、適正価格の文字単価1円と比べて、50分の1です。
9,000文字の長文を納品しても、たったの250円しかもらえません。

こういう案件に限って、依頼詳細には優しいことばでライティング技術が身につくなど、それっぽいことが書いてあったりします。
ですが、こんな仕事を受けなくてもスキルは身につけられますし、
初心者でもしょっぱなから文字単価1円の案件を受注できますので、絶対に関わってはいけません。

また、発注率が異常に低いクライアントにも注意が必要です。

発注率

まともなクライアントさんであれば、発注率は70%以上になるはずなので、僕はそれを下回るクライアントさんの案件は受けないようにしています。

変なクライアントにつかまると、肉体的にも精神的にも消耗するはめになるので、発注率70%未満のクライアントは避けたほうがよいでしょう。

そのほか、依頼詳細が固まっておらずふわふわしている、日本語がおかしいクライアントにも注意が必要です。

地雷クライアントの避け方さえわかれば、ランサーズはとても便利なサイトですので、頑張り次第でしっかり稼ぐことができますよ。

具体的な案件の探し方

具体的な検索条件の設定方法を画像で説明します。

仕事検索例
仕事検索例2
検索条件
  • ジャンル:「ライティング・ネーミング」から探す
  • 仕事スタイルで絞る:「固定報酬(プロジェクト)」にチェック
  • 仕事ランクで絞る:「市場価格と相違」からチェックをはずす
  • 文字単価からさがす:「~0.9円」からチェックをはずす

検索条件は以上です。実際に検索してみると、執筆時点で130件の仕事が表示されました。

ちなみに、この検索条件を保存しておくこともできて、画面左上の「保存した検索条件」をクリックすると現在の条件を保存することができます。
毎回設定する手間が省けるので、保存しておきましょう。

130件くらいまで絞れたら、あとは募集案件を眺めて、自分でも書けそうな案件を探しましょう。
最初の案件は、あまり文字数が多くない~3,000字程度の案件がオススメです。

この時点で少しでも気になる案件があれば、プロジェクト詳細を見て、地雷クライアントでなければ、さくっと提案してしまいましょう。

最初提案してもなかなか当選しませんので、悩んだらとりあえず提案してみることが大事です。

提案分はどう書けばいい? 仕事がとれるテンプレを紹介

これより下は後日加筆します。

提案数はどれくらいの数すればいいの? 最初は10件提案が目標

登録4日目にシルバーランクになる方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました