100倍のリターンが得られる読書法「レバレッジ・リーディング」

レバレッジリーディング書評
スポンサーリンク

ビジネス書の値段は、だいたい一二〇〇~一八〇〇円です。
仮に一冊一五〇〇円としましょう。
この一五〇〇円の本から学んだことをビジネスに生かせば、元が取れるどころか、一〇倍、いや、一〇〇倍の利益が返ってきます。
(中略)
つまり、わずか一五〇〇円の本の中に、一五万円の価値が隠されているのです。読書ほど格安の自己投資はありません。

(「はじめに」より)
スポンサーリンク

読書は100倍のリターンを得られる投資

読書から得られる利益は、その本の値段の100倍と主張するのは、『レバレッジ・リーディング』(本田 直之 著、東洋経済新報社)の著者である本田 直之さん。

経営コンサルティング会社を経営する多忙なビジネスマンでありながら、年間400冊以上の本を読んでいるとのこと。

忙しいはずなのに、なぜそれほど多くの本が読めるのか? 
そしてなぜそれほどの量を読んでいるのか?
本書では著者の読書に対する考え方や100倍のリターンを得られる読書術について紹介されています。

この本はビジネスマンにとって大切な考え方が詰まっています。

この本は読書家のための本ではありません。(中略)
「ビジネスで成功したい」という目的をはっきりと持った人のための本なのです。

(「はじめに」より)

速読ではなく多読 目的の違いは?

読書術と聞くと、ありがちなのは「速読」。
しかし、本書で提唱しているレバレッジ・リーディングは速読とはまったく違うものだそう。

速読では、どれだけ早く読めるか?に主眼が置かれがちですが、
レバレッジ・リーディングでは、読書をする目的を「大きなリターンを得ること」と著者は主張しています。
レバレッジ・リーディングの目的を達成するために、著者が提案するのが「多読」です。

速読は、「大量の本を速く読むこと」を目的としているので、一定のペースで速く読むことが推奨されているそう。
一方で多読は、読書によって「大きなリターンを得ること」を目的にしているので、
重要な箇所はじっくりとよみこみ、
不要な箇所はガッツリと読み飛ばします。

その目的は最速で、最大のリターンを得ることです。

この考え方は、時間がないと悩んでいる多くのビジネスマンに参考になる考え方。

時間がないのは、読書をしないから

また、本書では「読書をする時間がない」と嘆く、サラリーマンに対し、
読書をする時間がないのではなく、読書をしていないから時間がないのだ、
と指摘しています。(第1章 ビジネス書の多読とは何か? より)

なぜなら、本を読まない人は他人の経験や知恵から学ばず、ゼロの状態から自分ひとりで試行錯誤をくり返すから。
読書をすれば、優れた先人たちの経験と知識を吸収でき、さらに自分なりにブラッシュアップを加えることで、読書をしない他のビジネスマンよりもはるかに効率的に成果をあげられるといいます。

そのように主張する『レバレッジ・リーディング』ですが、今回は「第3章 一日一冊、ビジネス書を戦略的に読破する」に焦点を当てて紹介したいと思います。 

本は全体の16%がわかればいい

著者は本を読むときは、全体の16%がつかめれば十分だと主張しています。

なぜ、16%なのか? その主張の裏付けとして「パレートの法則」があげられています。

ご存じの方も多いかと思いますが、「パレートの法則」とは、
「ある事象の2割が、全体の8割を生み出しているという状態を示す経験則」のこと。
この法則によると以下のようなことが言えます。

「仕事の成果の8割は、費やした時間全体の2割の時間で生み出している」
「試験で100点を取るのに必要な勉強時間を10時間とすると、80点取るのに必要な勉強時間は2時間なのに、それを更に100点取ろうとすると、残りの8時間が必要になる」

つまり、本全体を100ページとした場合、重要な箇所は20ページほどであり、
さらにその20ページすべてを完璧に理解するには時間がかかるので、
2割の力で得られる8割=16ページを理解し、自分のものとするのが、いちばん効率が良いということ。

この考え方は、いかに多く読むか?ではなくいかに捨てるか?を意識した、エッセンシャル思考にも通ずる重要な考え方。

本書では、さらに読書の効果を最大限に引き出す方法として「レバレッジメモ」を提唱しています。ぜひ本書を読んで実践してみることをオススメします。

まとめ

実践することで100倍のリターンが得られるレバレッジ・リーディング

あなたが今まで以上の成果を出したいと思うなら、読んでみるとヒントが得られるかもしれません。

ツイッターでもオススメの本や役立つ情報を発信しています。
よろしければフォローをお願いします。
>>フリーター大学職員

コメント

タイトルとURLをコピーしました