フリーターから抜け出すにはせどりを始めよう

せどりでフリーターから抜け出そうフリーター
スポンサーリンク

どうも、フリーター大学職員です。

ぼくは大学卒業時はフリーターでしたが、今は大学職員をしています。
フリーターしていた頃よりかは、安定できたなぁとは思っています。

でも、今ぼくが卒業当時に戻ったとしても大学職員は目指しません。

それよりもさっさと副業なり起業なりして事業所得を稼ぐことがフリーターから抜け出すためには大事だと思いますね。

ぼくは今までクラウドソーシングサイトでライティングや動画編集の仕事を獲得して、10万円くらいは稼いできましたが、今からフリーターがチャレンジするなら「せどり」がオススメです。

スポンサーリンク

せどりのメリット

ぼくがフリーターから抜け出すためにせどりをオススメするのは下記が理由です。

せどりのメリット
  • 少額から始められる
  • 学歴・職歴は関係ない
  • 再現性が高い

大学卒業時のぼくはお金が無く(むしろ奨学金の返済があるので資産はマイナス)、就職浪人した上にフリーターとして社会に出るという最悪な経歴でした。

でもせどりならお金も学歴も職歴もない当時の自分にも十分チャンスがあるビジネスです。

せどりは少額から始められる

普通ビジネスを自分でやるとなると、何百万円も持っていないとできないようなイメージがありますよね。街でよく見るような飲食店とか実店舗を運営するとなると、まとまったお金が必要になりますしうまくいかなかったときに借金が残る場合もあります。

でもせどりには大金が必要ありません。

もちろん、軍資金があるに越したことはないですが、クレジットカードさえあればたとえ軍資金が0円でもOKです。

なぜなら、クレジットカードの利用と引き落としにはタイムラグがあるからです。

クレジットカードをつかって商材を仕入れた場合、仕入代金の支払いは1ヶ月~2ヶ月後です。

その間に販売して代金を回収しておけば軍資金が0円でも問題ありません。せどりの主な販売先であるメルカリなどのフリマサイトやAmazonは販売から2週間~3週間程度で入金されます。回転率の良い商材を扱えば軍資金が少なくても大丈夫ですよ。

とはいっても、軍資金が少ないと引き落とし金額と口座残高に常に気を使う必要があるので大変ですよね。仕入を増やして規模を拡大するスピードも遅くなってしまうので10万~30万程度はあったほうがいいですね。

まず軍資金を用意するのにオススメなのは自己アフィリ、クラウドワーク、固定費の削減です。
このあたりは長くなるので別記事で書きたいと思います。

クレジットカードをまだ持っていないという方は、まず自己アフィリエイトでクレジットカードを作成するところから始めましょう。

あと楽天カードは現金がもらえるわけではないのですが、のちのち必要になると思うので早めに作っておくことをオススメします!

せどりに学歴・職歴は関係ない

フリーターをやっていると心配なのは職歴です。ぼくは就職浪人もしているので学歴も心配でした。

でもせどりみたいに自分でビジネスをやる分には学歴も職歴もまったく関係ないです。面接に行く必要がないんだから当たり前ですね。自分の努力次第で事業所得を稼ぐチャンスがあるってのはすごくわくわくします。

もちろん正社員への就職やさらに良い職場に転職できればいいですけど、それってすぐすぐには難しいこともありませんか?

せどりなら今日から始められます。この手軽さもオススメする理由です。

せどりは再現性が高い

せどりって要は既製品を安く仕入れて、それよりも高く売って利益を得る商売のことです。
すごく乱暴に言ってしまえば商材が同じで仕入価格も同じであれば誰がやっても同じように儲けることができます。

いかに儲かる商材を仕入れるかが難しいところではあるのですが、そこを見つけられれば誰でも設けられる再現性の高さがせどりの魅力です。

もちろん販売するうえで写真をきれいに撮ったり、商品説明を工夫したりすることは大事ですよ!
それで売れ行きが変わることも当然あるということは一応付け加えておきますね。

まとめ

せどりは少ない軍資金で始められて、学歴も職歴も関係なくチャンスがあるオススメのビジネスです。儲かる商材を仕入れることは簡単ではないですが、それが見つけられれば誰でも稼ぐチャンスがあります。

せどりにチャレンジすることでお金だけでなく、経験も得られます。

むしろこの経験こそせどりで得られる一番の報酬だと思いますよ!

自分でビジネスをすることは大学で経営学を学ぶよりもずっと意味があります!
ビジネスにチャレンジした経験は就職や転職するときにゼッタイにいきてきます。

まずは今日からせどりにチャンレンジしてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました